読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか終わるブログ

【いつか終わるなら、今日は少しゆっくりしよう】1992世代の半分ニートみたいな個人事業主。映画と英語と新しいものが好きです。彼女はタイ人。

僕の彼女はタイ人です。

僕にとっては珍しくもなんともない、というか別に「彼女が何人(なにじん)」なのかなんてどうだっていい事なんだけど、たぶん他の人にとっては珍しいかも知れないので彼女の事について書いてみます。

リア充ネタが嫌いな人は注意だ!

 

japaneseguy.hatenablog.com

 

彼女はタイ人留学生

f:id:japaneseguy:20160408195900p:plain

タイ人女性って聞くといい印象を抱かない人も少なくないかも知れない。

「結婚詐欺」だとか「金目当て」だとか、とにかく発展途上国出身の女性との間にありがちなトラブルを思い浮かべる人もいると思う。

 

僕もニュースやネットで読んだ話から「タイ人の女こわいなー」ほんの少し思ってたかもしれない。

でも、今の彼女と出会って、そんな偏見やバイアスは吹き飛んだ。

 

そりゃそうだ。

日本人も十人十色。

それはタイ人も然り。

彼女は素晴らしく聡明で、明るかった。もうとにかく明るい。

 

彼女の簡単なプロフィール

ただでさえ非常に誰得な記事なのですが、さらにその誰得感に磨きをかけていきます。

さて、僕の彼女のプロフィールです。

 

  • 年は25歳(僕は24歳)
  • バンコク出身(日本在住歴2年目)
  • ニューヨークやシンガポールに住んでいた事もあるので英語が喋れる(僕との会話は英語と日本語のミックス)
  • チュラーロンコーン大学の映像学科出身、現在は東京の専門学校でファッションデザインを専攻中の二年生
  • タイ人だが辛い食べ物が苦手
  • お父さんが軍人(怖い)
  • かわいい(のろけ)

ざっくり書くとこんな感じでしょうか。

 

チュラーロンコーン大学というとタイで一番優秀だと言われいる国立大学(日本で言うところの東大)なわけですが、彼女はインテリ感0(良い意味で)。

とにかくフレンドリーで本人曰く「自分は全然タイ人っぽくない」との事で、タイ人についてそれほど知らない僕でも「まあそうだろうな」と思います。

NYに住んでアメリカ文化に影響されたためなのかアジアの気質と北米の気質がまじりあったなんとも形容しがたい性格をしてます。

 

とにかく、自立心が高いし、日本の生活に完全に適応している彼女は素直にすごいと感心しています。

彼女がタイ人でよかった事

「彼女がタイ人でよかった事」というよりも「彼女が外国人でよかった事」と言った方がいいかもしれない。

 

なんというか僕は日本人の女の子が苦手だ。

たぶん、男子校に通っていた事が原因だと思う。とにかく何を話していいか分からない・・・。

 

カナダの大学に留学してからは女の子にも慣れたのだが、未だに日本人の女の子と二人きりで会話をする自信がない。

外国人が相手だと「文化の違い」がいいアクセントとなって話も絶えないし、日本人と比べて受け身すぎる女の子が少ない気がする。

 

まあ、とにかく自分と違う人と一緒にいると楽しいと思う。

 

何がいいか、というとこんな感じ↓

彼女の「疑問」に考えさせられる

文化が違うと考え方が違う。

考え方が違うと日ごろの行動が変わってくる。

 

僕にとっては当たり前の事でも彼女にとっては変だったり、新しかったり、良かったり悪かったり。

それは僕の目線からも同じで、彼女の「当たり前」や「良い悪い」がいつだって新鮮だ。

価値観がちょっと違うから、お互いの事を考えて、尊重する様に心がける機会が多い気がする。

中途半端に大人になると自分を疑う機会って中々すくないから、そういった違いを受け入れながら、そして受け入れてもらいながらの生活は刺激が多い。

行動範囲が広がる

僕はあんまり外に出ない。

海外旅行に行った際にはかなり活発になるのだが、国内ではめっきりおとなしくなってしまう。

でも彼女が外国人だと家でおとなしくしているわけにもいかない。

だって彼女にとっては日本こそが外国なのだ。

効率を優先し過ぎて決まり切った範囲でしか 行動しなかった僕も、彼女と一緒になってからは割と色々なところに行くようになった。

先日は10年以上ぶりに井之頭公園に行って、ひさしぶりにまともな花見をした。

季節なんて全く気にかけていなかったけど、やっぱりサクラはきれいだし、日本の春を感じる良い時間だった。

多言語で話すから言葉が重くなり過ぎない

 言葉は人を救うけど、それと同じぐらいに人を傷つける。

言葉の重みを知ることは大切だ。

だけど、言葉にとらわれすぎるのはどうかと僕は思う。

僕を含めて大抵の人間ってそんなに頭が良くないから、自分の気持ちを完全に言葉に落とし込む事は出来ない。

だから、言葉以外のところからくみ取って理解して上げる事が、友人関係でも恋愛関係でも重要だとおもう。

 

僕と彼女は主に英語や日本語、そしてちょっとのタイ語の三言語で会話をするので、いい意味で言葉が軽い。

何というか、僕がたまに英語を間違えたり、彼女が日本語を間違えるのは当たり前なので、お互いの言葉に完璧を求めていない。

日本人同士だと言葉の響きが原因で喧嘩する事も多いと思うが、そういう理由での喧嘩はない。

言葉に重きを置き過ぎないから、言いたい事を言えるし、言うべきことが言いやすい環境だと思う。

そういった事も原因となって、僕は外国人女性との方が相性がいいのかもしれない。

 

japaneseguy.hatenablog.com

 

今後も彼女ネタ書いていきたい

僕の事を書き過ぎてもつまらないし、とにかく僕自身が彼女の事を書いて行きたいので今後もネタを見つけ次第って感じで続けて行きたいですね。

別れたら無くなるコーナーですが笑

 

まあそんな感じで。では。

japaneseguy.hatenablog.com

 

 

 

広告を非表示にする