いつか終わるブログ

【いつか終わるなら、今日は少しゆっくりしよう】1992世代の半分ニートみたいな個人事業主。映画と英語と新しいものが好きです。彼女はタイ人。

【保存版】もしも突然異世界に飛ばされてしまった際に取るべき行動についてまとめてみた【異世界転移】

f:id:japaneseguy:20160421033321j:plain

 

まず始めに、異世界転移、転生(以後「異世界転移」で統一)してしまう可能性は誰にでもある、という事を良く認識する必要があります。

例えば深夜のコンビニへ夜食を買いに出かけた帰りとか、犬猫、または人間を助けようとして走行中のトラックに轢かれる際には細心の注意が必要です。

 

f:id:japaneseguy:20160421034209j:plain

統計によると話題VRMMOゲームの発売日(またはクローズドβ期間)においても異世界転移と酷似した現象が起こるとの結果も出ていますので、あなたが当事者になる可能性は決して低いとは言えないのが現実です。(実は自分はコールドスリープから目覚めた現代人で、異世界だと思っていたその土地は再建された地球だった、というオチケースもある様です)

 

今回は、そんな身近に潜む異世界転移の基本知識と、転移先であなたが取るべき行動についてまとめて行きたいと思います。

 

転移直後の行動

神様、または女神の有無を確認

f:id:japaneseguy:20160421034455j:plain

 

転移のパターンを細分化していくと切りがありませんが、今までに報告された実例に目を通していくと転移直後の状況は大きく二つに別けられるという事が分かりました。

 

神、女神、またはそれに相当する存在によるガイダンスがあるか。

 

基本的に異世界転移には前兆がありませんので、こういったガイダンスが有るか無いかは転移先の世界にどれだけ素早く適応出来るかどうかに大きく影響します。

 

ガンダンスが無い場合は頭の中で何かを念じてみたり、パソコン、スマホなどの電子機器を開いてみましょう。都合よく必要な情報が得られる可能性があります。

ガイダンスを受ける際は「そんな事より元の世界に戻しやがれ!」などのテンプレートな無駄口は叩かない方が無難でしょう。

重要な情報を聞き逃して初歩的な勘違いをしたり、事態が悪化する可能性があります。

また、このガイダンスの最後に都合よく特殊能力を授与される事がありますので、日ごろからノートに「俺の考えた最強の異能力」をイラストと共に描きためておきましょう。備える事が大事です。

能力は一つの場合もありますし、パラメーターの様な形で提示されたものを自由に変更出来る場合もあります。

99が最高値だという保証はありませんので、能力値を入力する際にはとにかく大きな数字を入力する様にしましょう。

 

f:id:japaneseguy:20160421034814p:plain

この様なガキの妄想じみた親切で分かり易い異世界転移ならば多少は先行きも明るいのですが、もちろん何の情報も能力も無しに転移してしまう場合もあります。

ですが安心してください。実は魔力が尋常じゃない、兎に角才能がヤバイ、現代からの持ち物が異様に役に立つなどのオプションが必ずありますので根気よく生き延びましょう。

 

 人外(動物、機械などの無機物も含む)として転生する場合が少なからずあります。

そういった場合においてもいずれは作者が展開に行き詰まってなにかしらがあって人間の姿になれる可能性もありますので、そこまで絶望しなくても大丈夫でしょう。

 

赤ん坊として転生する事もあると思いますが、その際は周りの大人が面倒を見てくれると思いますので大丈夫です。

しかし、現代の知識を使って周りの人を驚かし過ぎたり、大人として暮らしていた時と同じ様に体を酷使するのは避けましょう。

じれったくはありますが、ある程度成長するまでは大人しているのが賢明です。

 

とにかく異世界転移直後は驚く事の連続ですが、落ち着いて行動しましょう。

文明レベルを把握しよう

f:id:japaneseguy:20160421035218j:plain

現代も異世界も情報が命です。物事を有利に進めるためには転移した世界の文明レベルを把握し、今後のあなたの立ち振る舞いを変えていく必要があります。

転移先の世界はうんざりするほどに中世ヨーロッパ風である事が多いのですが、細部では微妙に異なる部分がありますので注意しましょう。

つーか文明がどうであれ俺ツエー設定だからどうでもいいか

 魔法が使えるかどうかを確認しよう

 魔法のある世界に転移した場合、あなたも魔法を使えるようになっている可能性があります。

とりあえず右手に力を込めたりしてみましょう。

近くに燃えやすいものがある場合は気を付けてください。

周囲に魔獣などの外敵がいる場合

転生場所に魔獣などの敵がいた場合。

 

逃げましょう。

 

 逃げた方が得です。

統計によると魔獣や敵に追われている際に逃げ出すと、どこからともなく美少女が都合よく現れてツンツンデレデレしながらも何かと「嫁かよ!」というぐらい面倒を見てくれるケースが多い様です。

 

f:id:japaneseguy:20160421040217j:plain

f:id:japaneseguy:20160421040048j:plain

テンプレに従って常識的に考えて逃げましょう。

異世界になれたら

さて、転移先の異世界に慣れたならば。

その時こそあなたの時代の幕開けです。

 

現代の知識をフル活用して億万長者になるもよし、

こういう展開のネット小説は絶対に途中で飽きて読むの辞めるけどゲームバランス完全無視のチート能力で無双するもよし、

奴隷を買いあさって性○奴隷祭りを開催するもよし、

とにかく好きにしましょう。

 

現代で出来なかったアレコレを思う存分やっちゃってください。

だって異世界ですから。

警察とか怖くないもんね。

 

もう誰も俺を止められない!

 

...

......

.........

 

ただ、異世界においても忘れてはいけない大切な事があります。

 

いつか終わる日がやってくる

f:id:japaneseguy:20160421040853j:plain

 

不老不死の能力が無ければいつかは死んでしまう。

もしくは、突然「現代」に舞い戻ってしまうかもしれない。

 

形あるものはいつか無くなり、形の無いものはいつか忘れられてしまう。

それは当たり前の事だけど、僕らが一番忘れがちな事ではないでしょうか?

 

f:id:japaneseguy:20160421041353j:plain

 

変わりたい。

逃げ出したい

 

そういう気持ちは誰にでもあります。

 

最強の力が欲しい。

みんなに認められたい。

 

僕だってそう思う。

 

だけど、目の前の大切なものをしっかりと「大切なもの」だとわかる事。

他力本願でなく、たとえ日陰でも自分の力を信じて突き進む事。そんな事が大事なんじゃないか。

f:id:japaneseguy:20160421041050j:plain

毎日はダンジョンだ。

クエストは理不尽だ。

仲間は裏切る。

ゴールドは残り少ない。

形の無い魔王が、いつだって僕らの行く手を阻む。

 

でも立ち上がれ。

目を覚ませ。

僕らは日常を生きる勇者だ。

 

たどり着け。

異世界<理想>はこの道の先にある。

 

f:id:japaneseguy:20160421041925j:plain

 まずはこの世界で頑張ってみる 

                    <Yes> or <No>

 

広告を非表示にする